(最終更新日:2019-06-02 18:08:02)
  オカザキ リョウタ   Okazaki Ryota
  岡﨑 亮太
   所属   福岡教育大学  教育学部 数学教育ユニット
   職種   准教授
基本情報
■ 学歴
1. 2007/04~2010/03 大阪大学大学院 情報科学研究科 情報基礎数学 博士課程修了 博士(理学)
2. 2005/04~2007/03 大阪大学大学院 理学研究科 数学専攻 修士課程修了 理学修士
3. 2001/04~2005/03 大阪市立大学 理学部 数学 卒業
■ 専門分野
1. 組合せ論的可換代数
■ 教育・研究紹介
(抽象的)単体的複体・錐等の組合せ・幾何的性質と,対応するスタンレー・ライスナー環やアフィン半群等の可換代数の性質の相互関係について,ホモロジー代数や組合せ論の手法を用いて研究しています. 最近は,離散モース理論の組合せ論的可換代数への応用や,アフィン有向マトロイドの有界複体についても興味をもっています.
研究活動
■ 最近の研究課題・キーワード
代数学 (キーワード:スタンレー・ライスナー環、アフィン半群環、離散モース理論、アフィン有向マトロイド) 
■ 著書・論文歴
1. 論文  The Cohen–Macaulayness of the bounded complex of an affine oriented matroid (共著) 2018/02
2. 論文  Toric rings arising from cyclic polytopes (共著) 2014/10
3. 論文  Normal cyclic polytopes and cyclic polytopes that are not very ample (共著) 2014/02
4. 論文  On CW complexes supporting Eliahou-Kervaire type resolutions of Borel fixed ideals (共著) 2014/02
5. 論文  Alternative polarizations of Borel fixed ideals, Eliahou-Kervaire type resolution and discrete Morse theory (共著) 2013/09
全件表示(10件)
■ 学会発表
1. 2016/09 多項式環上の $\mathbb{Z}$-次数付き有限生成加群の $\mathbb{Z}$-次数付き有限自由分解の構成について(日本数学会 2016 年度秋季総合分科会)
2. 2015/09 アフィン有向マトロイドの bounded complex の Cohen-Macaulay 性とマトロイド・イデアルの Cohen-Macaulay 性(2015 日本数学会 秋季総合分科会)
3. 2012/09 On a minimal free resolution of a Borel fixed ideal and its supporting CW complex(日本数学会 2012年度秋季総合分科会)
4. 2011/09 On Stanley depth of monomial ideals(日本数学会 2011年秋季総合分科会)
5. 2006/09 外積代数の単項式イデアルのLinearity Defect(日本数学会 2006年度秋季総合分科会)
■ researchmap
researchmap Link
■ 所属学会
1. 2011/10~ 日本数学会
社会活動
■ 公開講座等
1. 2018
数学科の専門的背景と指導法を考えよう-2018-
2. 2015
算数・数学(代数学)