(最終更新日:2019-05-14 12:24:25)
  ワカキ ツネカ   Wakaki Tsuneka
  若木 常佳
   所属   福岡教育大学  大学院教育学研究科 教職実践ユニット
   職種   教授
基本情報
■ 学歴
1.
(学位取得)
広島大学 博士(教育学)
2. 広島大学大学院 教育研究科 博士課程
■ 専門分野
1. (教育・研究)話し合い能力育成に関すること,大村はまの学習の手びきに関すること,教師教師のリフレクションに関すること
■ 教育・研究紹介
教育としては、自己の実践を相対化する意識を持ち、常に自己の「教育観」と向き合いながら「学び続ける」教師を育てようとしています。 研究分野は、次の2つです。 ①国語科教育における話し合いの指導内容について  これについては、主として話し合いをしているその瞬間の情報処理を鍛錬 する必要があるという意識から、それを意識した教材開発に取り組んでい ます。 ②教師教育における省察力(リフレクション力)の育成について  これについては、リアリスティック・アプローチの提唱者であるオランダ のKorthagen,Fred A.J,の理論に基づき、「ALACTモデル」や「8つの  問い」を活用した省察力育成のプログラムを開発しようとしています。最近は,「イエナプラン教育」から,教師個々を育てる取り組み,あるいは,レジリエンスとリフレクションの関係も加わりました。
研究活動
■ 著書・論文歴
1. 著書  国語科教育における理論と実践の統合
第1章 第4節 組織の質を高めるための教職大学院における人材育成ーリフレクションが育てる教師の意識と意志ー (共著) 2018/03
2. 著書  大村はまの「学習の手びき」についての研究ー授業における個性化と個別化の実現ー (単著) 2016/12
3. 著書  コラボ読み ガイドブック (共著) 2016/02
4. 著書  国語教育学研究の創成と展開 (共著) 2014/03
5. 著書  国語科教育学研究の成果と展望Ⅱ (共著) 2013/03
全件表示(60件)
■ 学会発表
1. 2018/09/30 リアリスティック・アプローチによる教員研修の可能性ー静岡県総合教育センターでの実地調査に基づいてー(日本教師教育学会)
■ 受賞学術賞
1. 2001/01 第16回東書教育賞A部門(教科指導)優秀賞受賞
■ 研究シーズ集
1. 教師個々の省察的資質伸張を支援する指導内容についての研究 Link
■ 所属学会
1. 2018/04~ 日本教師教育学学会
2. 2018/03~ 日本教育学会
3. 2014~ 九州国語教育学会
4. 2013~ 日本教師教育学会
5. 2004~ 中国四国教育学会
全件表示(8件)
教育活動
■ 授業科目
1. TA実践インターンシップ実習Ⅰ
2. TA実践インターンシップ実習Ⅱ
3. 授業分析・リフレクションの理論と実践
4. 授業構築の理論と実践
5. 教師の成長と省察力
全件表示(14件)
■ 卒業研究・修士論文等指導実績
1. 2018
中学校音楽科における鑑賞領域の追究 -〔共通事項〕とトゥールミンモデルを組み合わせて-
2. 2018
小学校国語科「書くこと」の意欲についての研究 -個人外要因としての「環境」に着目して-
3. 2018
自己学習力育成をめざした授業づくり-中学校国語科における「論理過程思考」を基にした書く活動を通して-
4. 2018
自律的な読者の育成を目指した文学的文章の指導について -「読みの観点表」の作成と活用を通して-
5. 2017
「21世紀型能力」を育むための授業のあり方についての研究
全件表示(19件)
社会活動
■ 公開講座等
1. 2018
イエナプラン教育を学ぶ
2. 2018
学び続ける教師のためのリフレクションについて
3. 2017
学び続ける教師のためのリフレクションについて
4. 2017
話し合う力の育成について
5. 2017
講師等授業力アップ講座(中学校 国語科講座)
全件表示(17件)
■ 講演・講義・研究会等実績
1. 2018
富山大学大学院教職実践開発研究科教育フォーラム
2. 2017
国語教育研究会
3. 2016
言語活動の充実に向けた 国語科の授業づくりのポイント
4. 2016
講師等授業力アップ講座(中学校 国語科講座)
5. 2015
日本国語教育学会 ワークショップ
全件表示(13件)
■ 審議会・委員会等の実績
1. 2018
教科書編集委員
2. 2017
教科書編集委員
3. 2014
学校評議員
4. 2014
教科書編集委員
5. 2013
学校評議委員会
全件表示(10件)
その他
■ メールアドレス
  kyoin_mail