(最終更新日:2017-06-28 16:23:07)
  ナガサワ イソロク   Nagasawa Isoroku
  長澤 五十六
   所属   福岡教育大学  教育学部 理科教育講座
   職種   教授
基本情報
■ 学歴
1.
(学位取得)
博士(理学)
2. 大阪大学大学院 博士課程修了
■ 専門分野
1. (教育)無機化学、錯体化学 (研究)無機化学、錯体化学
気体分子吸着挙動を示す新規金属錯体の開発
■ 教育・研究紹介
理科の化学領域,特に無機化学・錯体化学の分野を研究しています。 錯体化学は配位結合を有する化合物群を中心として扱う学問ですが,私の専門領域は,新しい白金やパラジウム化合物の合成とその構造決定です。 また,小学校等の学校現場では,無機化合物を教材に用いた授業を開発し,実験授業を行う等の活動をしております。
研究活動
■ 最近の研究課題・キーワード
キーワード:金属錯体、分子素材 
■ 著書・論文歴
1. 論文  ハロゲン化物イオンとの相互作用を利用した亜硫酸ガス吸着 (単著) 2015/11
2. 論文  ハロゲン化物イオンとSO2からなる無機陰イオン (単著) 2015/02
3. 論文  フラックス法によるYAGの合成と結晶学 (共著) 2014/02
4. 論文  初等教員養成課程学生に対する,「粒子」のイメージ化を容易にする教育プログラムの開発 (単著) 2014/02
5. 論文  フラックス法によるエメラルドの合成と副産物に関する研究 (共著) 2013/02
全件表示(8件)
■ 学会発表
1. 2016/09 Elucidation of the chemical species to make the oxidative addition reaction proceed in the platinum(II) complexes(錯体化学会第66回討論会)
2. 2015/09 The study on the mechanism of halogen oxidative addition reaction of platinum(II) complexes(錯体化学会第65回討論会)
3. 2014/09 酸化的付加反応の中間体モデルと考えられる,六配位八面体型白金(II)三級アルシン錯体の合成と構造(錯体化学会第64回討論会)
4. 2013/11 種々の環状配位子を有する白金(II)錯体の電子受容型配位子との反応(錯体化学会第63回討論会)
5. 2013/09 フラックス法によるルビーの合成と副産物(日本鉱物科学会2013年年会)
全件表示(29件)
■ 研究シーズ集
1. d8金属錯体のハロゲン酸化反応における各化学種の酸化数決定 Link
■ researchmap
researchmap Link
■ 所属学会
1. 日本化学会
2. 錯体化学会
教育活動
■ 授業科目
1. 中等化学汎論
2. 初等化学汎論
3. 卒業研究
4. 基礎化学実験Ⅰ
5. 基礎化学実験Ⅰ
全件表示(15件)
■ 卒業研究・修士論文等指導実績
1. 2014
アルシン系配位子を有する,六配位八面体型白金(II)錯体の合成の詳細
2. 2014
ホスフィン系配位子を有する,六配位八面体型白金(II)錯体の合成の詳細
3. 2014
混合原子価白金一次元錯体結晶中における,ハロサルファイトイオンの形成
4. 2013
15族元素を配位原子に有するd8金属錯体の六配位八面体形成の可能性
5. 2013
新規pincer型配位子の開発とそれを有するd8金属錯体の合成
全件表示(36件)
社会活動
■ 公開講座等
1. 2008
小学校教師のための理科実験大好きスクール公開講座
2. 2007
理科実験大好きスクール公開講座
■ 講演・講義・研究会等実績
1. 2012
ウィンターサイエンスキャンプ
2. 2012
宗像地区中学校理科研修会
3. 2012
小学校理科指導力向上研修会
4. 2012
平成24年度芦屋町「子どもと大人の科学フェスタ」
5. 2012
柳川高校への特別講義
全件表示(9件)
■ 出前授業実績
1. 2016
大野東小学校
2. 2016
大野東小学校
3. 2016
柳川市チャレンジサイエンス
4. 2016
柳川市チャレンジサイエンス
5. 2015
全件表示(51件)
■ 審議会・委員会等の実績
1. 2016
大学機関別認証評価委員会専門委員
2. 2016
福津市立津屋崎中学校 学校運営協議会
3. 2016
那珂川町立岩戸北小学校 学校運営協議会
4. 2015
大学機関別認証評価委員会専門委員
5. 2015
大野城市立大野東小学校 学校運営協議会
全件表示(8件)
その他
■ メールアドレス
  kyoin_mail