(最終更新日:2017-06-12 21:30:22)
  スズキ ヒロフミ   Suzuki Hirofumi
  鈴木 浩文
   所属   福岡教育大学  教育学部 理科教育講座
   職種   教授
基本情報
■ 学歴
1.
(学位取得)
博士(理学)
2. 東邦大学大学院 理学研究科 博士課程修了
■ 専門分野
1. (教育)動物形態学 (研究)神経解剖学、比較内分泌学
■ 教育・研究紹介
授業では「動物形態学」を担当しています。動物の体がどの様につくられてくるのかを授業しています。 研究では、動物の神経および内分泌腺のなかで、神経伝達物質やホルモンがどの場所に存在するか調べています。
研究活動
■ 著書・論文歴
1. 論文  CXCL14-like immunoreactivity exists in somatostatin-containing cells of mouse pancreas (共著) 2015/12
2. 論文  Amylin-like immunoreactivity in pancreatic X cells of the black-spotted frog Rana (Pelophylax) nigromaculata. (共著) 2014/12
3. 論文  Leucin-enkephalin-like immunoreactivitiy is localized in luteinizing hormone-producing cells in the axolotl (Ambystoma mexicanum) pituitary (共著) 2014/02
4. 論文  Orexin and neuropeptide Y: Tissue specific expression and immunoreactivity in the hypothalamus and preoptic area of the cichlid fish Cichlasoma dimerus (共著) 2013/12
5. 論文  Orexin-B-like immunoreactivity localizes in both luteinizing-hormone-containing cells and melanin-concentrating hormone-containing fibers in the red-bellied piranha (Pygocentrus nattereri) pituitary (共著) 2013/02
全件表示(15件)
■ 学会発表
1. 2008/09 メキシコサンショウウオの中枢神経系におけるオレキシンーA免疫陽性神経系(日本動物学会第79回大会)
■ researchmap
researchmap Link
■ 所属学会
1. 1991~ 日本動物学会
2. 1988~ 日本節足動物発生学会
教育活動
■ 卒業研究・修士論文等指導実績
1. 2015
マウスの膵臓におけるCXCL14免疫活性
2. 2015
メキシコサンショウウオの脳下垂体におけるアミリン免疫活性
3. 2015
メキシコサンショウウオの脳下垂体におけるホルモン産生細胞の分布
4. 2014
トノサマガエルの膵臓におけるIAPP免疫活性
5. 2013
アフリカツメガエルの膵臓におけるCXCL12免疫活性
全件表示(17件)
社会活動
■ 講演・講義・研究会等実績
1. 2008
生物学に関する形態学的及び分子生物学的実習
■ 出前授業実績
1. 2008
水辺の昆虫
その他
■ メールアドレス
  kyoin_mail