(最終更新日:2017-06-22 18:26:57)
  ナラザキ ノリコ   Narazaki Noriko
  楢﨑 教子
   所属   福岡教育大学  教育学部 保健体育講座
   職種   准教授
基本情報
■ 専門分野
1. 運動学(柔道)、体力学
■ 教育・研究紹介
専門領域は運動学で、授業では保健体育を専攻する学生を対象とした必修科目の「柔道Ⅰ」などを担当しています。 また、研究では発育段階に応じた体力づくり、体力づくりからみた技術指導などの観点から、柔道の指導法に関する研究に取り組んでいます。 さらに、世界レベルの柔道選手を育成するための一貫したトレーニング法、指導法のあるべき姿を考案するため、日本代表柔道選手の生育史に関する研究にも取り組んでいます。
研究活動
■ 最近の研究課題・キーワード
オリンピック日本代表柔道選手の生育史に関する事例研究—世界レベルに至るまでの行動変容に着目して— (キーワード:武道、柔道、指導法、一流スポーツ選手、生育史) 
■ 著書・論文歴
1. 著書  柔道家17人のものがたり 柔道をがんばるジュニア選手のためのハンドブック (共著) 2016/03
2. 著書  女子柔道選手セカンドキャリアハンドブック 2011-2012 (共著) 2011/08
3. 著書  柔道への想い―伝え継いでいきたい柔道の心― (共著) 2009/03
4. 論文  オリンピック日本代表柔道選手の生育史に関する事例研究―発育発達期の運動・スポーツ経験に着目して― (共著) 2014/03
5. 論文  日本代表柔道選手の生育史に関する研究-発育発達期の運動・スポーツ経験に着目して- (単著) 2013/02
全件表示(12件)
■ 学会発表
1. 2016/09/16 「道」の行方と学校体育(九州体育・スポーツ学会 第65回大会)
2. 2015/09 日本代表柔道選手の生育史に関する事例研究―発育発達期の運動・スポーツ経験に着目して―(九州体育・スポーツ学会 第64回大会)
3. 2010/08/29 一貫指導におけるジュニアからシニアにかけてのコーチングについて「地域における人材育成と一貫指導上の留意点について」(九州体育・スポーツ学会第59回大会)
4. 2003/09/05 女子柔道選手における試合直前の減量が筋の形態や機能に及ぼす影響(日本武道学会第36回大会)
5. 2002/09/07 個性別競技適応行動の事例研究 ―UK法の曲線理解に基づいて―(日本武道学会第35回大会)
全件表示(7件)
■ 受賞学術賞
1. 2000/10 JOCオリンピック特別賞(シドニーオリンピック 柔道女子52kg級 2位)
2. 2000/06 JOCスポーツ賞特別功労賞(世界柔道選手権大会〔英国:バーミンガム〕女子52kg級 優勝)
3. 1999/11 文部省スポーツ功労者顕彰(世界柔道選手権大会〔英国:バーミンガム〕女子52kg級 優勝)
4. 1996/10 JOCオリンピック特別賞(アトランタオリンピック 柔道女子52kg級 3位)
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 2016/09 九州学生女子柔道体重別選手権大会女子63㎏級(田坂冴) 優勝(福岡武道館)
2. 2016/09 九州学生柔道体重別選手権大会男子60㎏級(福地翔磨) 3位(福岡武道館)
3. 2016/07 第19回九州ジュニア女子柔道体重別選手権大会女子57㎏級(渡部亜美) 3位(福岡武道館)
4. 2016/06 第19回九州ジュニア女子柔道体重別選手権大会 福岡県予選会女子57㎏級(渡部亜美) 優勝(福岡武道館)
5. 2016/05 九州学生女子柔道優勝大会女子3人制団体戦 優勝(福岡武道館)
全件表示(41件)
■ 所属学会
1. 2009~ 日本体力医学会
2. 2009~ 日本体育学会
3. 2001~ 日本武道学会
教育活動
■ 授業科目
1. トレーニング論
2. 体力学演習
3. 体育・運動学研究A
4. 体育・運動学研究B
5. 健康・スポーツ科学実習Ⅰ
全件表示(15件)
■ 卒業研究・修士論文等指導実績
1. 2016
ハンドボールにおけるジュニア期のスカウティングについての研究
2. 2016
ハンドボール日本代表選手の競技力向上に関する研究 —ライフヒストリー分析を通して—
3. 2016
大学柔道選手における無酸素性持久力の向上に関する研究
4. 2016
大学野球における送りバントの有効性について
5. 2016
女子ラクロス九州学生リーグにおけるグラウンドボール獲得率が試合結果に及ぼす影響
全件表示(24件)
社会活動
■ 公開講座等
1. 2015
勝つための実践的柔道テクニック
2. 2015
武道必修化に向けた柔道の授業づくり
3. 2014
勝つための実践的柔道テクニック
4. 2014
武道必修化に向けた柔道の授業づくり
5. 2013
勝つための実践的柔道テクニック
全件表示(11件)
■ 講演・講義・研究会等実績
1. 2015
オリンピックデー・ランin福岡
2. 2015
平成27年度スポーツ庁委託「オリンピック・パラリンピック・ムーブメント調査研究事業」教育レガシー共創フォーラム2016in福岡におけるパネルディスカッション「オリンピック・パラリンピックがつなぐ人・地域・世代」
3. 2015
平成27年度女性アスリート育成事業「女性コーチサミット」における講義②「体力学からみた柔道指導のあり方について」
4. 2014
オリンピックデー・ランin福岡
5. 2014
ジュニアブロック合宿・柔道フェスタ
全件表示(12件)
■ 出前授業実績
1. 2010
総合学習
■ 審議会・委員会等の実績
1. 2016
公益財団法人福岡県スポーツ振興センター理事会
2. 2016
公益財団法人福岡県体育協会理事会
3. 2016
福岡県スポーツ推進審議会
4. 2016
福岡県タレント発掘事業パスウェイ委員会
5. 2015
JADAアスリート委員会
全件表示(33件)
その他
■ メールアドレス
  kyoin_mail